宮城県塩竈市本町 患者さんとのコミュニケーションを大切にしている皆川歯科医院

宮城県塩竈市本町8-2
お電話での予約・ご相談はこちら

予約・ご相談は 022-366-2385

宮城県塩竈市本町|皆川歯科医院

診療室

ブログ

現代日本における最強かもしれない虫歯予防法!

こんばんは、副院長です。

今日はみんなが知りたがる(かもしれない)今の日本における最強の虫歯予防法を伝授したいと思います。

虫歯予防にはフッ素を使え!

はいこれ結論です。みなさんフッ素を使いましょう。

どうやって使いましょうね?答えはこちら

フッ化物配合歯磨剤(歯磨き粉)とフッ化物洗口剤(うがい薬)の併用です。

そもそもフッ素とは

フッ素とはそもそも自然界そこら中にある栄養素です。土壌中や食品などに当たり前のように含まれている、実はとても身近なものなんです。

ではフッ素はどのようにして作用するのでしょうか。

  1. 再石灰化の促進
  2. 歯の強化
  3. 虫歯菌の働きを抑制

この3つの作用で虫歯予防に役立てようというわけです。

フッ素の安全性は?

フッ素って危ないんじゃない?体に毒なのでは?と思う方もいるかもしれません。

確かに急性のフッ素中毒や、歯が白濁するような慢性中毒(斑状歯)などありますが、これはありえない量のフッ素を一度に摂取したり(例えば225ppmのフッ化物洗口液を180ml一気飲みする)、フッ素濃度の高い水を長い間飲み続けるなどしない限り起こりません(日本の水道水は0.8ppm以下の濃度)。

また歯磨剤も洗口液も飲み込まずに吐き出すといった局所使用のため、問題ありません。

濃度と量の関係

じゃあ今日からフッ化物配合歯磨剤と洗口剤の併用をしてみようという方、推奨されている年齢とそれに対応した濃度、量があるのでそこはしっかりと守りましょう。こういうものは正しく使ってこそです。

歯磨剤のフッ化物濃度と年齢

  • 歯の生え始め〜2歳:500ppmを、切った爪の先程度の量
  • 3〜5歳:500ppmを、5㎜程度の量
  • 6〜14歳:1000ppmを、1㎝程度の量
  • 15歳以上:1000〜1500ppmを、2㎝程度の量

このように年齢によって濃度と量を変えて使用してください。特に1000ppmは6歳未満に、1500ppmのフッ化物濃度の歯磨剤は15歳未満には使用しないようにしましょう。

ブラッシング後は少量の水で1度だけうがいをしましょう。

フッ化物洗口

フッ化物洗口とは、フッ化物配合の薬液でうがいをすることを言います。薬液を含んでブクブクと30秒〜1分ほどうがいをすれば良いだけなので、とても簡単ですね!

注意しなければならないのが、ブクブクうがいが出来ない人には使用できないということです。ですので、基本的にはうがいが上手にできるようになる4歳から始め、永久歯が生え揃う14歳まで行う、というのが一般的となっています。

フッ化物洗口は長期間の継続が鍵となっており、6年間の継続使用で約42%虫歯が減少したという研究結果もあります。

というわけで、皆さん

フッ化物配合歯磨剤とフッ化物洗口の併用

是非ともやってみませんか?

この方法のいいところは簡単で、しかも子供だけでなく、

大人の虫歯予防にも効果的

というところです。

新しい習慣、始めてみませんか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。虫歯予防についてもっと詳しく聞きたい!という方は是非皆川歯科医院までご連絡ください。副院長でした。

アマルガムについて

こんばんは、副院長です。

みなさん「アマルガム」ってご存知ですか?もしかするとみなさんのお口の中にもあるかもしれません。特に奥歯にくすんだ銀色っぽいような黒っぽいような詰め物がありませんか?

アマルガムってどんなもの?

アマルガム充填はとても歴史のある治療法で、150年程歯科医師の間で重宝されてきました。詰めるととても硬くなり、お口の中という厳しい環境にも耐えうる頑丈な金属修復物となります。ですが最近ではご高齢の方の口腔内以外では見かけなくなりました。何故でしょうか?

アマルガムの欠点

  • 金属の色で見た目が悪い
  • 接着しない
  • 水銀を使用する

今現在での歯科治療の主流は見た目が良くて歯に接着するものですから、真逆の位置にあるアマルガムが減少するのは当然です。そして何より気になるのが水銀を使用する、という点かと思います。

アマルガムに使用される水銀

水銀には大きく分けて有機水銀と無機水銀があります。アマルガムに使用される水銀は無機水銀で、これは塗料に使われたりしているものです。一方水俣病で問題となったのは有機水銀の方です。

アマルガムの安全性

調べるといろいろ出てきます。中にはオカルトじみたものまで出てきます。一応歯科保存学会では、口腔内のアマルガムは安定しているので、アマルガム周囲に新たな虫歯があるとか、金属の色が気にいらないなどの理由がなければ積極的な除去は勧めていないのが現状です。

ただ、アマルガムを削る際には水銀が蒸発するため、それを吸い込まないよう注意しなければならない、というのはどこを見ても書いてあるのでそこは注意が必要なようです。

また上記の理由から、妊婦さんや授乳中の方のアマルガム除去もお勧めはしていないようです。

当院での見解と対応

以上の理由から、皆川歯科医院医院でのアマルガムに対する対応は

「除去する際には必要な防護を行い、なるべく注意してアマルガムを削る量を最小限にして一塊で取り出すようにする」

というところでしょうか。

現在日本ではアマルガムが保険適用から外れました。コンポジットレジンなどの材料がとても使いやすくなってきているので、わざわざ自費でアマルガムを使用することもないです。

世界的にも、環境への配慮からアマルガムの使用量はどんどん減ってきているようですから、わざわざ世界と逆行するようなことはしなくても良いですよね。

アマルガムの使用に関係なく、たくさんの人の健康が守られる世界になると良いですね。

それでは、副院長でした。

宮城県における子どものお口の中の調査に関して

お久しぶりです、副院長です。


今回は平成30年度の宮城県児童生徒の健康実態調査から見えてきた、県内における子どものお口の中の健康に関する課題をお話ししようかと思います。

あくまでも宮城県内の話ですのでご注意ください。

虫歯に関して

12歳児一人平均DMF歯数、というのをご存知でしょうか?これは中学1年生における一人あたりの治療していない虫歯(D)、失ってしまった歯(M)、治療済みの歯(F)の合計本数を表しています。

これが大きいと「虫歯にかかった経験が多い」という事になります。

国の政策では平成34年までに28都道府県で1本未満にすることを目標としています(達成済み)。

全国平均:0.74

宮城県:1.05

と、宮城県では全国よりも「虫歯にかかった経験」が多いことを示しています。

また、小学1年生から高校3年生までを見た時、小学生までは1.0を下回りますが、中学生以上では1.0を上回り、高校生ともなると2.83となります。

CO(要観察歯)といって、明らかな虫歯ではないんだけれども、初期の虫歯かもね?といったものも学年とともに増加傾向にあります。

ただし、年々改善はしてきており、たとえ虫歯になっても、しっかりと処置を完了する子どもが増加してきているようです。

顎関節症に関して

これは小学生のうちは少ないのですが、中学、高校になると急激に増えてきます。

歯列・咬合異常者率

これは年度を経るごとに増加の傾向にあります。

歯茎の炎症に関して

まず歯垢(歯の汚れ)の付着状況ですが、基本的に学年が上がるごとに増加していきます。受験期となる中学3年生が高くなりがちです。中学期に比べると、高校生になると減少に転じます。

次に歯茎の炎症(歯肉炎)の保有率です。

やはり歯垢と同様に学年が上がるごとに増加していき、高校生になると減少に転じるようです。

歯垢の付着状況と歯肉炎の保有率ですが、気になるのはどちらも高校3年生において、前年度に比べ増加しているという点です。

結果を考える

  • 全国と比べ宮城県は虫歯が多い

県内で最も少ない仙台市教育委員会管内ですら、12歳児一人平均DMF値が0.77本と、全国平均の値(0.74)に及ばない。

  • 歯垢の付着も歯肉炎の保有率も高い

結論

宮城はまだまだお口の健康に関して改善の余地あり

愛知県や新潟県は全国でもトップクラスにDMF値が少ない地域です。近いところではお隣山形県がとても少ないですね。

こういった虫歯の少ないところでは、学校や地域などでどのような歯科保健教育が行われているのでしょうか。とても気になるところではあります。個人的にはお隣、山形県がモデルとしてとても参考になるような気がしています。

みなさんの学校や地域ではどのような活動が行われているのか、何でもいいので是非ともメッセージをいただければと思います。

これからもリサーチは続けて行こうかと思います。

みんなで宮城の子どものお口と未来を守りましょう!

気をつけて!子供の歯ブラシ事故!

こんにちは、副院長です。

私事ですが、我が子が生まれて今月で1歳と半年になります。ここまで何事もなく育ってくれて本当に何よりです。

そんな我が子ですが、親の願いが通じたのか歯磨きが(多分)好きな子になってくれました。最近では自分で歯ブラシを持ってシャカシャカやってくれます。

我が子の成長が嬉しい反面、気を付けなければならないのが「歯ブラシ事故」です。これ、本当に気を付けています。歯磨き中の事故って意外なほど多いんですよ。この記事を見てくださった方の中にもヒヤッとした経験がある方もいるのではないでしょうか。

今回はその歯磨き事故とその予防策についてお話ししていきます。

歯磨き事故の実態

東京消防庁によると、平成23年から28年にかけて、5歳以下の歯ブラシによる事故で医療機関を受診または救急搬送された事例は337件でした。そのうち61件は入院しています。年齢別に見ると1歳が160件と最も多く、2歳で99件、3歳で44件と続きます。この搬送件数は毎年40件前後で推移していて、減少傾向にありません。

原因と事故直前の状況を見てみると、「転倒」や「ぶつかる」が多く、次いで床より高いところからの「転落」となっています。これを考えると、座らずに歯磨きをすることが子供にとって非常に危険であることがわかります。

歯磨き事故への対策

事故というものに関して、まず第1に考えるべきは発生の「予防」です。予防のために、歯磨きを行う「環境」と「道具」の見直しをしてみましょう。

環境の見直し

  • 必ず保護者が付き添う、見守る
  • ソファーや踏み台の上など不安定な場所は避け、床に座って磨かせる
  • 部屋の整理整頓をする。寝室では布団にも注意
  • ペットや兄弟に注意する

道具の見直し

  • 事故の多い3歳前半までは、事故防止対策を施した歯ブラシを使用する(例.持ち手がリング状になっている、持ち手に喉突き防止の傘が付いている、過剰な力が加わると曲がるようになっている)
  • 子供用歯ブラシと、仕上げ磨き用歯ブラシを使い分ける

成長していくにつれて、子供はなんでも自分でやりたがったり、大人の真似をしたくなるものです。お父さんお母さんが全部やってしまえば安心かもしれませんが、子どもの歯磨きの習慣を身につけさせるためにも、是非やらせてあげましょう。そしてその際には「座ったまま歯磨きしようね」、「歯ブラシをくわえたまま歩かないでね」など優しく語りかけてあげてください。

今回のお話の子供の歯ブラシ事故に関して、東京都ではインターネット上でリーフレット資料を公開しているので、是非読んでみてください。

児童施設などを利用していると、子どもの歯磨きに悩むお母さんお父さんはとても多いように感じます。いろいろ聞きたいことはあるけれど、なかなか時間がとれない!という方がたくさんいるのでしょう。少しでもそういった方々の力になれればと思います。

子どもの歯磨きの悩みは皆川歯科医院まで!

スポーツマウスガードとは?

こんにちは、副院長です。

アメリカンフットボールというスポーツを皆さんご存知かと思います。このアメフトのプロリーグであるNFLが設立されて100年が経ちました。これだけでアメフトがどれだけアメリカ人に愛されているのかが分かりますね!

しかしこのNFLに対して、元選手約4,500人が「現役時代のプレーで脳に健康被害が生じた」として、損害賠償を求める集団訴訟を起こしたことをご存知の方は意外と少ないのではないかと思います。結局、NFLは約1,100億円の賠償金を支払い和解しました。

そんなアメフト選手の口元に注目してみると、カラフルなマウスガードが見えるかもしれません。今や様々な競技で使用されているマウスガードですが、スポーツ用品店などでも販売されているのをよく見かけますね!そして実は歯科医院でもスポーツマウスガードを作ることができます。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。今回はそのスポーツマウスガードについてです。

マウスガードの種類

⒈市販品:スポーツ用品店などで売られているもの

ストックタイプ:そのままの形状で使用する、個人に合わせて調整ができないもの

マウスフォームドタイプ:熱湯で柔らかくして口腔内で形を合わせて作る

シェルライナータイプ:トレーにシリコンなどを注入して、口腔内に適合させて作る

⒉カスタムメイドタイプ:歯科医師や歯科技工士が歯列模型上で製作するもの

シングルレイヤー:1枚のシートから作る

マルチレイヤー:複数のシートを重ねて作る

大きく分けてこのように分類されます。相手との接触の大きさ

市販品とカスタムメイドの利点・欠点

⒈市販品

利点:値段が比較的安い

   入手しやすい

欠点:適合が悪い

   細かい調整ができない

⒉カスタムメイドタイプ

利点:適合が良い

   競技やポジションなど、個人に合わせた細かい調整が出来る

欠点:値段が比較的高い

   歯科医院によっては作っていない場合もある

マウスガードの適合の問題

スポーツマウスガードにとって、適合の問題は最も重要です。適合不良のマウスガードが与える影響を以下にまとめてみました。

  1. 異物感がある
  2. 喋れない
  3. 呼吸がしづらい
  4. プレー中に外れる

異物感があったり呼吸に難があれば、そもそもマウスガードを使用することすらやめてしまいますし、喋りづらいと選手間での意思疎通に困難が生じます。そしてプレー中に外れるようなことがあれば、マウスガードの誤嚥といった事故につながる危険があります。

このように適合不良のマウスガードは、競技パフォーマンスの低下や、最悪の場合選手の命を脅かす危険性すらあるのです。

マウスガードの効果

  1. 外傷の予防、軽減
  2. 脳震盪の抑制、軽減
  3. 運動能力の向上

が挙げられます。長くなってしまうのでこれらの効果に関しては、いずれ考察していきたいと思います。

いかがでしたでしょうか?スポーツマウスガードについて理解を深めていただけたでしょうか。

私は市販品とカスタムメイド、どちらも使ったことがありますが、やはりカスタムメイドは適合の良さが段違いでした。市販品に違和感を感じている方は是非作ってみてください。

当院でもシングル、マルチどちらも作っておりますのでご相談ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました、副院長でした。

塩竈市のスポーツマウスガード相談は皆川歯科医院まで!

診療内容

一般歯科/小児歯科/歯科口腔外科/審美歯科/予防歯科/スポーツ歯科/訪問歯科診療

予約・ご相談はこちら

029-856-3789 お気軽にご相談ください

診療時間
月~金曜日
09:00~13:00/14:00~18:00
土曜日
09:00~13:00
第三土曜日
10:00~13:00
休診日
土曜午後・日曜・祝日