宮城県塩竈市本町 患者さんとのコミュニケーションを大切にしている皆川歯科医院

宮城県塩竈市本町8-2
お電話での予約・ご相談はこちら

予約・ご相談は 022-366-2385

宮城県塩竈市本町|皆川歯科医院

診療室

ブログ

食生活にも関係あり?酸蝕症とは?

こんにちは、副院長です。

皆さんが健康を維持するために行なっていることはなんでしょうか?私は睡眠不足になるとすぐに体調を崩すので、なるべく睡眠をしっかりとりたいと考えています。最近は12時を越すと、次の日のコンディションに影響が出るようになりました。

健康のためにお酢を飲んだり、フルーツをたくさん食べたりする方もいらっしゃるでしょうか。もしそういう方がいらしたら、飲食方法に気を付けないといけないかもしれません。その食べ方や飲み方、歯に影響してるかも?

酸が歯を溶かしていく!

「酸蝕症」という言葉を聞いたことありませんでしょうか。酸蝕症とは「酸性の物質が化学的に歯を溶かしていく」ことです。虫歯は虫歯菌が関係しているのに対して、酸蝕症は虫歯菌とは関係なく起こります。つまり、どんなにお口を綺麗に保っても発症してしまう可能性があるのです。

臨界pHといって、これ以上pHが下がる(酸性度が強まる)と歯が溶けますよ、という数値があります。歯の1番表面、エナメル質の臨界pHが5.5です。

酸蝕症の原因

内因性と外因性の2つに分けられます。

内因性…胃食道逆流症、摂食障害による胃酸の持続的な嘔吐

外因性…酸性飲食物の過剰摂取、職業性のもの

こんな感じです。

内因性の場合、原因は胃酸です。胃酸はとても強い酸性(pH1.0〜2.0)物で、これを持続的に吐き出すような状態が続くと歯が溶けていってしまいます。

外因性の場合は、主に酸性飲食物の過剰摂取が多いとされています。例えば健康のためと飲んでいるお酢や乳酸菌飲料、一息頑張りたい時のための栄養ドリンク、熱中症や脱水予防のためのスポーツドリンクなどは強酸性のものが多いです。

pHの低い飲食物

飲みもの…炭酸飲料、スポーツドリンク、栄養ドリンク、お酢系飲料、柑橘系ジュース、乳酸菌飲料、ワイン、チューハイ、ビールなど

食べ物…酢の物、柑橘類、りんご、梅干しなど

大体酸味を感じるものは酸性の強いものなんだな、というところでしょうか。

原因がわかったら対応を!

とは言ってもなかなか対応が難しいのが酸蝕症の特徴でもあります。なぜならば、酸蝕症はその人の生活習慣と深いかかわりがあるからです。例えば、健康のために良かれと思って摂取しているものをいきなりやめることなんて、相当意志の強い人でなければ難しい話です。

ではどうすれば良いのでしょうか。その習慣に1つ工夫を加えてみましょう!

酸性飲食物が歯に触れている時間が多ければ多いほど、歯へのダメージは大きくなります。例えば同じ量の飲料を飲むにしても、一気にグイッといくよりも、ちょこちょこチビチビ飲むほうがリスクが上がります。口の中で溜めてから飲むなんてのも良くないです。ストローを使うのも良いですが、先端を唇でくわえるのでは意味がないですので、しっかりと奥に入れましょう。

唾液は酸性度を弱めてくれる作用があるので、お酒を飲むときはおつまみを用意しましょう。噛むことで唾液を増やしてくれます。

酸性の強いものを摂取した後は、よくうがいをして、直後の歯磨きは控えましょう。30分ほどおいてから磨くのが良いです。

酸蝕症になってしまったら!

虫歯と同じで早めの発見、早めの治療が鍵です。歯が大きく溶けてしまうほど治療も大掛かりになります。レジン修復で済む場合もあれば、大きく削って被せないといけないこともありますので、気になったら早めに相談をしましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました、副院長でした!

酸蝕症のご相談は皆川歯科医院まで

歯医者のホワイトニングとセルフホワイトニング、どう違うの?

新年明けましておめでとうございます。副院長です。

オリンピックまでまだまだ遠いなぁと思っていましたが、気づけばもうそこまでですね!時間が経つのが早すぎて訳がわかりません。

ところで皆さん、最近、町中で「セルフホワイトニング」や「ホワイトニングサロン」という言葉を見かけたことはありませんか?値段を見てみると、歯医者でやるようなホワイトニングよりも断然安いですよね。なんでこんなに違うの?セルフでやった方が良いじゃん!って思った方もいるかもしれません。

今回はその違いをお話ししようかなと思います。

ホワイトニングサロンは医療機関ではない

簡単に言うと、ホワイトニングサロンは医療機関ではないです。歯科医師や歯科衛生士といった、国家資格を持つ人が施設内に配置されてなくても良いのです。

歯科医師や歯科衛生士以外の人が患者さんの口腔内を診ることは、日本の法律で禁止されています。そのため、ホワイトニングサロンのスタッフさんは、患者さん(お客さん?)のお口の中に薬剤を塗るなどの行為が出来ません。そのため、ホワイトニングサロンではお客さん自身に施術してもらうという、セルフホワイトニングの方式がとられます。

使う薬剤が違う

歯科医院で使用する薬剤…過酸化水素、過酸化尿素

これらは「医薬品」に分類されるため、これらの薬剤を用いて施術を行なう際には、歯科医師や歯科衛生士である必要があります。過酸化水素って消毒用のオキシドールじゃん、と思うかもしれませんが、歯医者のホワイトニングに使うものは濃度がかなり高く、劇薬指定されています。

ホワイトニングサロンなどで使用する薬剤…ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム

これらは「医薬品添加物」に相当するもので、資格がなくても扱えます。一部のホワイトニング用歯磨き粉にも含まれています。

薬が違うならばその作用も違う

ポリリン酸ナトリウムやメタリン酸ナトリウムは、歯の表面についた外部着色を分解するだけにとどまります。そのため、歯の内側にある色素の分解は出来ないのです。

一方で過酸化水素などを使った歯医者のホワイトニングは、歯の内側の色素も分解していきます。フリーラジカルというものが歯の内側で暴れ回ることで、内側から文字通り漂白していくんですね。

セルフホワイトニング…本来の自身の歯の色を取り戻す

歯医者のホワイトニング…本来の色よりも白くする

こんな認識で良いと思います。

ここまでの説明だと、歯医者でのホワイトニングの方が良いように聞こえますよね。ではそれぞれの方法のメリット、デメリットを挙げてみます。

セルフホワイトニングのメリット

・費用が安い

・作用が緩やかで痛みが出にくい

セルフホワイトニングのデメリット

・有資格者による口腔内の診察がない

・表面の着色しか落とせない

歯医者のホワイトニングのメリット

・事前の診察があるため、ホワイトニングに影響する因子の発見、治療ができる

・本来の歯の色以上に白くできる

歯医者のホワイトニングのデメリット

・痛みが出やすい

・費用が高い

いずれの方法でも効果が出にくい人はいるので、その点は注意しましょう。場合によっては施術自体が出来ないこともあります。

目的に合った方法を選びましょう!

勘違いしないでいただきたいのですが、私自身、セルフホワイトニングが悪いとは思わないという事です。むしろホワイトニングがどういうものか、お手軽に体験する手段としては良いものだと思います。それで目指す白さが手に入ればそれでオッケーだと思いますし、より白い歯を目指したくなれば、歯医者でのホワイトニングを受けることを考えてみても良いかと思います。

ただ、いずれの方法を選ぶにしても、事前にしっかりと歯医者さんに相談するのが良いでしょう。大丈夫です、どっちの方法を選ぶにしてもきちんと相談に乗ってくれるはずです。

ちなみに皆川歯科医院では、ホームホワイトニングを提供していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。副院長でした。

歯医者と肺炎

ご無沙汰しております、副院長です!

更新がとてつもなく遅れてしまい、申し訳ありません。気づけば暦の上ではもう冬になってしまいました。私はとにかく寒いのが苦手です。お洒落に気を遣わなくていい世界であれば、北極用のダウンのつなぎで外を歩きたいくらいです。

寒いといえば、季節の変わり目の今、風邪で予約をキャンセルされる患者さんが少し増えました。毎年「今年の風邪は長引くなぁ」と言っているような気がしますが、風邪をこじらせて肺炎などにならないようお気をつけ下さい。

というわけで今回は「肺炎」のお話です。

とっても怖い誤嚥性肺炎

「誤嚥性肺炎」という言葉をどこかで耳にしたことあるいは、目にしたことがあるかと思います。厚生労働省によると

「本来気管に入ってはいけない物が気管に入り(誤嚥)、そのために生じた肺炎」

を誤嚥性肺炎と説明しています。

老化や脳血管障害の後遺症などで、飲み込む機能(嚥下機能)や咳で押し返す力が弱まることで、お口の中の細菌などが誤って気管に入りやすくなります。その結果、肺炎を起こしてしまうのですね。

嫌な話ですが、日本人の死因を見てみると、肺炎の順位は平成29年段階で「第5位」となっています。肺炎で亡くなる方はかなり多いのです。そこでさらに注目したいのが、平成29年から、肺炎とは別に誤嚥性肺炎がこの順位に加えられていることです。以前から誤嚥性肺炎の話題は色々なところで度々取り上げられていたのですが、死因に新たな項目として追加されたことから、依然としてホットな話題であることが伺えます。

歯医者さんと誤嚥性肺炎の関係性

全身疾患と口腔内疾患の関係は長い間議論されてきたことではあります。特に、米山先生という、口腔ケアの重要性を説かれているとても有名な先生がいらっしゃるのですが、自身の研究で、老人ホームでの積極的な口腔ケアが肺炎の発症率を低下させることを明らかにしています。

この研究からわかるように、誤嚥性肺炎への対応としては、飲み込む力を鍛えることはもちろん、口腔衛生状態の維持管理、口腔機能向上など歯医者が積極的に関わっていくことが重要だ、という考えがずいぶん広まってきました。

一方で、海外では口腔衛生管理と誤嚥性肺炎の関連は、密接ではないとしているレビューもありますが、これからのさらなる研究が待たれますね!

だいぶ真面目に書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?誤嚥性肺炎は何も高齢者だけの疾患ではありません。誤嚥は食事中や就寝中などいつでも起こりうることですから、なるべく誤嚥が起こらないようにする事とあわせて、なるべく侵入する細菌の量を減らすことが大事です。上で挙げた口腔衛生状態の維持管理というのは、ずばり正しい歯磨きで口の中をきれいに保つことです!若い方こそ!若いうちからしっかりと汚れを落とせる歯磨きの仕方を身につけて欲しいと願います。

このブログを読んで自分のお口の中が気になった方がいれば是非!ご相談いただければと思います。

読んでいただきありがとうございました。副院長でした!

大人ならでは!?「根面う蝕」にご注意を!

こんにちは!副院長です。薄ら寒い梅雨があけたら今度は一気に暑くなりましたね!急激な気温の変化に体がついていけなくなりそうなこの頃です。そして最近は気温が暑すぎてもプールに入らないそうですね。なんでも、プールで遊んでいても汗はかいているけれど、水の中では汗をかいていることに気づき辛く、いつのまにか脱水を起こしている、というプールでの熱中症が起こるかららしいです。涼を求めるプールでまさか熱中症になるとは思いませんでした。
ところで皆さんは大人ならではの虫歯「根面う蝕」をご存知ですか?露出してしまった歯の根元部分に発生する虫歯のことを言います。今回はその根面う蝕とその対策についてお話ししていこうと思います。

なんで大人が要注意?
どんなにしっかり歯磨きをしても、寄る年波には勝てません。お口の中にも老化は存在します。その中でも気付きやすい症状の中に「歯茎の下がり」があります。歯茎が下がると歯の第2層目「象牙質」が露出します。

象牙質は「酸」への抵抗力が弱いため、エナメル質に比べて虫歯になりやすいです。
・間食が多い
・甘いものを頻繁に食べる
・毎日晩酌が欠かせない
という人は、歯が酸に晒される時間が長くなり、虫歯のリスクが増大することになります。

根面う蝕チェック
こんな症状ありませんか?
・食べ物がよく挟まるようになった
・歯の根元がしみるようになった
こんな症状が出てきたら歯医者さんに相談してみましょう。

食習慣改善で歯を守りましょう
1. 間食のタイミング見直しましょう!
食事のたびに口腔内は酸性に傾きます。そしてその時間が長く続くほど歯が長時間酸に晒されることになります。1日に細かい間食をちょこちょこ行なうのはやめて、時間を決めて間食を行なうようにしましょう。
2. しっかり噛んで唾液分泌促す
唾液は酸性に傾いた口腔内を中和する役割、汚れを洗い流す役割、歯の石灰化を促す役割があります。顎をよく動かすことで、唾液の分泌が促されるため食事の際はよく噛むことを心がけましょう!
3. 酸性度の高い飲み物は注意
清涼飲料水はもちろん、スポーツ飲料はクエン酸などが含まれていたりなど、酸性度が強いです。また柑橘系ジュースや野菜ジュース、お酢の入った飲料、ワインなども注意が必要です。
4. だらだら飲み、食べをしない
長時間の晩酌も注意しましょう。ビール、ワインなどのアルコール類を飲むときはお水を一緒に飲むようにしましょう。さらに酔っ払って歯磨きをしないで寝てしまわないように!

いかがでしたか?大人の虫歯と身につけておきたい新習慣、参考になりましたでしょうか?今回の内容をおさらいしてみると、日頃の生活習慣が虫歯の予防に大切だということが見えてきます。虫歯や歯周病などは生活習慣病の一つと捉えて良いかもしれませんね!正しい習慣を身につけて健康を守りましょう!ここまで読んでいただきありがとうございました。副院長でした。
虫歯予防は皆川歯科医院まで!

歯ブラシも処方する時代!?その2

こんにちは!副院長です。
今年の夏はなんだか寒そうな予感がしますね!私は夏が大好きなんですが、夏はやっぱりガツンと暑くないと気持ちが上がらないです。流石に東京の暑さにはヤラれてしまいましたが…
前回は歯ブラシの処方する意義と、歯ブラシの各部位の説明を書きました。今回は続きとして、歯ブラシの特徴と、それがどのような方に向いているかをまとめていきたいと思います!

ヘッド部
このヘッド部分で重要なのは大きさです。基本的にはコンパクトなタイプが良いかと思います。

長さ…短め
厚さ…薄め

をオススメします。

大きければそれだけ毛を多く植えられるので清掃効率は上がりますが、狭いところに届きづらくなります。特に厚みがあるブラシだと、奥歯に届きづらくなることがあるので、厚すぎるものは避けた方が無難です。オエっとなりやすい方や妊娠中でつわりのひどい方なども、薄いヘッドだと症状が緩和されるかもしれないのでオススメです。
ただし、手が不自由な方は幅が広く大きめの方が磨きやすいこともあります。


植毛部の形…フラット(平らな)タイプ
硬さ…ふつう
材質…ナイロン、ポリエステル樹脂

をオススメします。
山切りでギザギザしたタイプは、歯に均一に当てづらくなるので扱いが非常に難しいです。
硬さは、よっぽど歯茎が腫れて痛いとかでない限りはふつうで大丈夫です。
材質は上で挙げた他にシリコン、動物の毛がありますが、シリコンは柔らかすぎて汚れを落とすのには使えませんし、動物の毛は乾きにくく不衛生になりがちで、アレルギーの心配もあります。
毛先の形状は、目的によって選ぶのがいいです。大きく分けてラウンド毛とテーパード毛に分けられますが、唾液が少なく、汚れが硬くなりがちな方はラウンド毛。歯周病のリスクが高い方は、細くて歯周ポケットに入りやすいテーパード毛がオススメです。

ネック部
ストレートタイプとカーブタイプがあります。取り回しやすいストレートタイプが基本ですが、力の強い方はカーブの方が力の緩和ができて良いかもしれません。

ハンドル部
患者さんの手に合わせて選ぶのが良いです。

太い…掴みやすく、手が不自由な方、高齢者の方など
細い…手の小さい方、ペングリップで持つ場合など
長い…手の大きな方
短い…手の小さい方

にそれぞれ適しています。

いかがでしたでしょうか?今回は一般的な歯ブラシの特徴をまとめてみました!これを歯ブラシ選びの参考にしていただけたら幸いです。ただあくまでもこのブログの内容はちょっとしたマニュアル程度のものですので、すべてに当てはまるわけではありませんので注意してくださいね!きちんと歯ブラシを処方するには患者さんと向き合うことが重要です。今回の記事でご自身に合う歯ブラシを見つけることができれば幸いです。
ここまで読んでいただきありがとうございました!副院長でした。
歯ブラシに関しての質問は皆川歯科医院まで!

診療内容

一般歯科/小児歯科/歯科口腔外科/審美歯科/予防歯科/スポーツ歯科/訪問歯科診療

予約・ご相談はこちら

029-856-3789 お気軽にご相談ください

診療時間
月~金曜日
09:00~13:00/14:00~18:00
土曜日
09:00~13:00
第三土曜日
10:00~13:00
休診日
土曜午後・日曜・祝日